Backyard

日頃感じていること、撮影日記など。。。 単なる雑記帳

危惧・・・



110829上総大久保02

このような光景
あと、何年見ることが出来るだろうか?

田圃扱う方も、些かご高齢・・・
貴重な撮影となりました。




スポンサーサイト
  1. 2011/08/30(火) 16:54:11|
  2. 撮影記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リニューアル

小湊鉄道・上総川間駅


20110817上総川間駅

利用する高校生の利便性向上の工事が
夏休み中になされた。

ホームの高さを10センチほど嵩上げし、昇降時の段差を軽減するものであった。

その結果...

20110330上総川間


ホーム両端に咲く水仙の花を、愛でることが出来なくなってしまった。
ささやかながら、腐葉土や土などをいれ育てていただけに残念である。

鉄道会社の方が、稚拙なこのブログを見られることはないと思うが・・・
ホームの端っこ、どうにかなりませんかねぇ~~



  1. 2011/08/17(水) 16:20:36|
  2. 撮影記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伝える事の難しさ

己の撮影コンセプト
1を見せて10を想像させること

比較的、日頃の撮影から小ネタへの取り扱いには慣れがある。

ところが、災害写真は勝手が違った。

全視野で・全身で感じる現場の雰囲気
見る場所毎に、人間の視野は『望遠』にも『広角』にもなる。

20110807深戸・俯瞰

日頃、新聞報道などで見る写真が、なかなか捉える事が出来ない。

20110806鹿瀬・田圃


己の表現限界?

経験不足と言われれば確かにそうだ。
圧倒された雰囲気に飲まれ、冷静さを欠いた写真はろくな物がない。

物事を、的確に捉える訓練

まだまだ、修行が足りない・・・。。。...



  1. 2011/08/11(木) 16:10:14|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

災害と復興

7月末の会津・中越・下越での集中豪雨

下流域に当たる磐越西線も、その被害を受けた。
上流域に於ける緊急放水により
阿賀野川流域のダムも毎秒5000~8000トンの放水を余儀なくされた。

8000トン/秒
その量たるや想像も付かないが
比較対象として、福島第1原発に於ける低レベル放射能汚染水の
海洋放水が確か10000~12000トン、放水に3~4日と記憶する。

20110806徳沢

磐越西線・豊実-徳沢、新潟県と福島県の県境
2011年8月6日撮影

辛うじて通行できるものの、何時崩落してもおかしくない。
県境なだけに、災害復旧の時差・温度差を危惧してしまう。


20110806豊実・小手口橋

磐越西線・有名ポイント
豊実-徳沢・小手口橋 2011年8月6日撮影

たとえは悪いが
人間の体で言えば、表皮・筋肉をむしり取られ、骨が露出状態と言えるような惨状


20110806実川島01

同じく、磐越西線
豊実-日出谷・実川島付近
阿賀野川・豊実ダム&発電所直下
2011年8月6日撮影


20110806実川島02

3月11日の震災後
タキ(ガソリン等燃料輸送用タンク車)10両を横浜から新潟経由で福島へ送り届けた
勇姿ある路線があられもない状況に・・・

でも、磐越西線の復旧は思いの外、速そう

20110806実川島03

8月6日の時点で保線の精鋭部隊が3チーム・100人以上の人員を確認


20110807日出谷01

日出谷駅本線上には、砂利運搬列車
砕石を満載したトラックが多数出入り

生命線の復旧に全力を挙げていた。


ところで、この砂利運搬列車
どこの駅に留置してあったのだろう???


  1. 2011/08/09(火) 00:00:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出 動

7月28日(木)頃より数日間
只見・会津・下越・魚沼地域一帯に降り続いた雨
雨量は想像を超える1000ミリ以上

只見線では第6(本名ダムそば)第7橋梁の流失・第五橋梁の一部流失
沿線国道の橋梁の流失は、各種報道の通り

只見川下流域にある阿賀野川(会津→新潟)
阿賀野川流域にお住まいの10年来の知人が、今回の水害で
被害に遭われたと聞き、週末(8月6・7日)微力ながらもお手伝いに伺った。

20110807日出谷01

現地に近づくと、このような看板をあちらこちらと目にする。
でもぱっと見はよく判らない。


20110807日出谷02

床上浸水だったと思われる古民家
畳は上げられ、床は剥がされ、至る所に石灰が撒かれていた。


20110807日出谷03

知人宅の裏庭
散乱した薪・ホダ木(椎茸栽培の養木)を回収する。
でもその大半が流失とのこと。


20110807日出谷04

川沿いの杉林に堆積した土砂・流された小屋


知人宅は、幸いにも床下浸水にとどまった。
だが、床下の倉庫にしまわれていた伝来の漆器や工具などが被害に。
川岸に植えられていた樹齢200年ほどの檜が土砂と共に流失。


日頃、小湊沿線でボランティア活動をしているとはいえ
災害ボランティアは全くの別物
道具は違うし、体力も使う。
災害現場には付き物の、目に見えない危険に神経を使う。

中でも、特に気をつけなくてはならないのが『熱中症』
普段、野良作業をしたことのない、都会生活の我々が数時間、日差しに当たっていたら
どれだけ危険か判らない。

何故ならば体力のペース配分が判らないから
最初は元気でも、高性能電池のように急に電池切れ(体力切れ)となる。コレが非常に危ない。


東日本大震災以降
災害ボランティア活動をどうするべきか悩んでいた。
さすがに東京から岩手まで、週末で移動するにはかなり遠い。

今回、知人宅とはいえ、悩んでいた部分を少し払拭できた。
次なる行動を模索中...


  1. 2011/08/08(月) 12:22:00|
  2. 今出来ること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3年目の剪定

小湊鉄道・飯給駅


飯給20090526

2009年5月 剪定前


飯給20090714-01

2009年7月 剪定途中 この時は、ひとかたまり事に、何回に分けて剪定していった。


飯給20090714-02

2009年7月 剪定後  剪定前に比べて20~30センチくらいは低くできた。


飯給20100802

2010年8月 剪定後 この年は、生け垣の厚みを薄くし、上に伸びた枝をを切り落とした。


飯給20110803

2011年8月剪定後 今年は、主木や枝を切り落とし、もう一段低くしつらえた。


3年掛けて、駅の生け垣を少しずつ小さくしていった
ここまで低くしておけば、駅進入時の安全確認がしやすくなったと思う。


今回は、ラベンダー収穫後の残り時間で行ったので
まだ、一塊り分の剪定が残っている。


  1. 2011/08/05(金) 12:00:00|
  2. ボランティア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

収 穫

8月3日
小湊鉄道 上総鶴舞駅・高滝駅・月崎駅に咲く
ラベンダーの収穫を行った。

20110803上総鶴舞駅01

この日は、上総鶴舞駅のラベンダーから始めた。

20110803上総鶴舞駅02


刈り取りなんて3~40分も有れば・・・なんて簡単に考えていたのが大間違い
1時間以上掛かってしまった。

20110803上総鶴舞駅03

集めたらこんなに┐(´~`;)┌


20110803上総鶴舞駅04

輪ゴムで縛り、ひもで吊すも吊しきれず
一部は平置きに...

上総鶴舞の駅だけで午前中掛かってしまった。

その後、高滝駅に向かい、そこで昼食

20110803高滝01

高滝駅は、花芽が少ないので1時間足らずで終了

20110803高滝02

刈り取り作業中、こんな光景にも出くわした。


最後は、月崎駅

20110803月崎01
刈り取ったラベンダーの苗。 実は、こんなに小さいのです。

作業に慣れてきたせいか、この駅もあまり時間が掛からずに終了。

20110803月崎02


ラベンダーを吊した駅舎内は、ラベンダーの芳醇な香りで充満。

作業中に、駅のお客さん・車掌さんにもお裾分けで、お持ちいただきました。


じつはこの後、飯給駅で生け垣の剪定を90分ほど・・・
続きは次の書き込みで。。。


  1. 2011/08/04(木) 23:45:45|
  2. ボランティア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

鉄&哲

Author:鉄&哲
勉強が嫌いで、
高校卒業して社会人になる。
社会人当初、超生意気な営業マンとして働くも若さ故さに思うように進まず。。。
幸いにも技術系の人や職人さんに励まされ、技術系の方へと転向していく。
いくつかの転職を重ね、
現在はフリーランス
職務上、幾つかの認定資格を持っているが、その能力を発揮する機会は年々減ってきている。。。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター